バイクを駐めるガレージがない場合コンテナを借りる

バイクを所有されている方で、マンションやアパート住まいなどでガレージがなく、野ざらしの状態で駐めておくと、雨風にさらされてしまい各パーツが錆び付いてしまう原因になったり、盗難の可能性が高くなるため、近所にあるコンテナなどを借りて保管しておきたいと考える人も少なくないでしょう。バイク専用のコンテナが近くにあれば、それに越したことはないのですが、一般的に貸し倉庫などの方が数多くあるため、実際にはそれを代用し駐車スペースとして保管するケースもあります。そんな貸し倉庫を駐車スペースとして活用する場合、地面とコンテナとの間に数十センチほどの段差があることが多いので、重たいバイクを駐車させる際にはスロープを使用する必要があります。これがあれば、段差があっても比較的スムーズに保管スペースへ乗り上げることができます。

バイクを保管するガレージやコンテナ

バイクを収納するために用いる保管庫には、簡易なテントタイプから土間タイプや床付きタイプのガレージ、契約タイプのコンテナなど用途や目的に合わせてあります。主に、保管時に野ざらしは避けたい場合などに利用するテントタイプ、防犯対策が目的で保管庫を使用する場合はガレージタイプ、一般的な駐車場では不安が残り安心できない場合はコンテナタイプなどが選べます。コンテナタイプは一般の荷物を保管する場合に用いられているものやバイク専用のものなどがあり、自宅敷地に置いて保管することもできます。バイク専用の保管庫は出し入れするときに便利なスロープや、奥行きが深めに取ってあるなど収納を考えて作られています。盗難の防止には比較的強い保管庫ですが、防犯対策として保管庫内でも複数のロックを用い、さらに防犯カメラを設置している場合もあります。

バイクのガレージとコンテナに関して

都会に住むことは便利ですが、衣食住のコストは地方の比ではありません。中でも深刻なのが、駐車場代金ではないでしょうか。マンションの家賃並に必要なケースがありますし、車を持つことを断念することもあるようです。代わって注目されるのが、コンパクトなバイクではないでしょうか。小回りが利きますし、維持費も安く抑えることが出来ます。250㏄は依然として人気が高いですし、女性のライダーが増えているようです。同じように駐車場の問題が懸念されていますが、ガレージを活用する方が多いと聞きます。コンテナタイプのガレージで、毎月の使用料金も格安です。複数台の所有も可能ですし、夢が広がるのではないでしょうか。車の維持費は膨大ですし、二輪の良さに注目が集まっています。ガレージの必要性も高まり、相乗効果を生み出しています。